読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほくほくほんだな棚卸し

今見た作品、過去見た作品、そのうち見たい作品、棚卸し作業。

ドラマ・ファーゴ シーズン1 FARGO (2014年:アメリカ)

海外ドラマ

f:id:tobsoya:20161130100114j:plain

脚本:ノア・ホーリー

製作総指揮ジョエル・コーエン

      イーサン・コーエン

キャストビリー・ボブ・ソーントン、アリソン・トルマン、コリン・ハンクス、マーティン・フリーマンパトリック・ウィルソン、チッド・ダンソン、ジーン・スマート、キルスティン・ダンストジェシー・プレモンス、ボブ・オデンカーク

 

 

映画と同じくドラマ版にも冒頭にこれは実話であるという注意書きが入るのだが、どちらも全くのフィクションらしい。

なんだよ、ファーゴが意味するところまでこっちは考えてしまったじゃないかと笑ってしまった。

 

S1E1は見るのに時間がかかった。ほぼ一日かけて分けては見ていた。1話の怒濤のラストまでの伏線張りが異様に長い。

しかし、このドラマの特徴なのだが、動き出すと早い。そして気持ちいい程面白い。

 

主役のビリー・ボブ・ソーントンは言葉巧みに相手を操る人殺しで、それがまるで悪魔のようで最初は不気味で恐ろしい。でも、シーズンを見続けてるうちにソーントンのやり口が痛快になってくる。

 

他方、もう一人の主人公、マーティン・フリーマンは弱気でうだつの上がらない奧さんにもバカにされているいじけた保険のセールスマン。このドラマでは、そんなマーティンがソーントンの心理操作と

あなたが正しくて皆が間違ってるとしたら? 

 と書かれた地下室に貼ってあるポスターの言葉に背中を押されて、破滅の道を転がっていく様子が克明に描かれている。

 

堕ちていく中でマーティンの役はどんどん変化を見せ、より歪んだより知恵の回るワルになっていくのだが、驚くのはマーティンの演技の巧みさ。

BBC SHERLOCKのワトソン役でもシャーロックに振り回される役を演じているが、ファーゴのマーティンの演技の精度はそんなものではない。巧い役者なのは知っていたが、その認識をも遙かに超える素晴らしさ。惚れ直さずにはいられない。

 

他にソーントンとマーティンの関係の真実に近いところを走り続ける警部補役のアリソン・トルマンと、ソーントンに脅されて脅威を感じ一度引くが考え直しアリソンに協力するコリン・ハンクス(トム・ハンクスの息子)も面白い。

 

アリソンの上司で余り物事を深く考えない(見ている側を苛つかせる)ジム長官にBRAKING BAD、ベター・コール・ソウルのボブ・オデンカークを配し、豪華なキャスティングである。彼は髭のせいで言われるまで気付かなかった。

 

E6、E7のホワイトアウトの中で視界が効かず、誰が誰を撃ってしまうか分からない中で、逃げるソーントンと、彼を殺そうとする犯罪組織ファーゴから送られた二人組と、ソーントンを確保しようとするアリソンとコリンがそれぞれの相手を狙うシーンは緊迫感が最高潮だった。

 

全く脚本の素晴らしさとはこの作品の為にあるような褒め言葉である。よく10話もの脚本を一人で書き切ったなと思った。

 

S2はまた別の事件の話のようなので楽しみだ。

 

 

The Story of LESTER NYGAARD | Fargo | Tribute Videowww.youtube.com

 

fargo lorne malvo tribute/ best moments (spoilers)www.youtube.com