読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほくほくほんだな棚卸し

今見た作品、過去見た作品、そのうち見たい作品、棚卸し作業。

アマデウス ディレクターズ・カット  AMADEUS: DIRECTOR'S CUT (2002年:アメリカ )

過去見た映画

f:id:tobsoya:20161029171939p:plain

監督ミロス・フォアマン

脚本:ピーター・シェイファー

キャストF・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・トートリス、サイモン・キャロウ、ジェフリー・ジョーンズ、クリスティーン・エバーソール、チャールズ・ケイ、ケニー・ベイカー、ヴィンセント・スキャヴェリ、ケネス・マクラミン、シンシア・ニクソン、リチャード・フランク

 

ディレクターズカットでない方も含めて何度見たことか。初めてアマデウスという作品に触れたのが江守徹サリエリ松本幸四郎モーツァルトの舞台だったことも懐かしい。

 

モーツァルトの音楽の解釈も含めて、サリエリモーツァルトの関係性も実に深く描かれている。

神は私の敵になった。憎き敵だ。あなたはあの若造を選んだ。生意気で下品で幼稚な女たらしを。私に与えられたのは彼の才能を見抜く力だけ。神に正義はない。不公平だ。残酷だ。意地でもあんたを妨害してやる。あんたが愛する秘蔵っ子を必ず破滅させてやる。

愛憎入り交じるサリエリの心持ちは非常に感情移入しやすい。

 

一番好きなシーンはここの辺りである。嫉妬と憎しみにありながらも、オペラ舞台(魔笛)の間中モーツァルトを熱っぽく見つめ、モーツァルトが倒れたら運ぶように指示し、一緒に馬車に乗って彼の家まで行き、ヘロヘロになっているモーツァルトに賛美を贈るサリエリサリエリモーツァルトが作曲と写譜という一つの作業をするシーン。サリエリモーツァルトの作曲のダイナミズムを肌で感じ、自分のコンプレックスさえ忘れて、モーツァルトに尽くす。二人の間には何らかの感情(恐らく音楽への愛情)が昇華されていくのが分かる。その様子はとても感動する。

 

そして、映画の最後サリエリが残す台詞。

あんたも同類だよ。この世の凡人の一人だ。私はその頂点に君臨する凡人の守り神さ。世の凡人たちよ。罪を許そう。許しを与える。すべての人々の罪を。

 この台詞にはいつも泣いてしまう。

 

モーツァルトが作曲し

サリエリが譜に移す作業をしている動画。一番好きなシーン。


Amadeus - Salieri y Mozart

 

上の映画の音声部分をベースに、どんな譜面が出来ていくのか丁寧に表した動画。譜面読めなくてもなんとなく分かる。こんなオーケストレイションを一気に頭で作るモーツァルトの頭の中ってどうなってんの!?天才は違う。他方、サリエリもちょっと待って!とか分からないよ!とか言いながらも写譜していく。この二人のコンビ最強では…と思わずにはいられない。

この動画を何度も見ていくとオーケストラの聞こえてこなかった音が聞こえてくる不思議。とにかく一見あれ。そして、嵌まって下さい。


Confutatis K.626 - Scrolling Score